代表者ご挨拶

産業の発展に伴い廃棄物は急増し、ますます深刻な社会問題となっております。また、これに対する法律・条例による規制も施行され、今後さらに厳しい基準が制定されようとしています。「公害のない、住みよい文化生活、清潔な職場、緑多き環境」これ等は皆様も切にお望みと思います。環境整備保全は、現在急を要するという事を強く認識しております。当社は、豊富な経験により、従来の収集・運搬の単一的な工程に止まらず、広い視野に立ち、総合的且つ体系的に対処し、無害処理の完全を期し、加えていつでも各位の需要に敏感にお応えする様社員一同日夜努力を致しております。

株式会社阿賀野商事 代表取締役 吉田 薫

経営理念

株式会社 阿賀野商事は、あらゆる廃棄物を適正処理し、資源の有効利用を常に心がけ、「人と地球」に優しい循環型社会の育成に貢献します。自然と環境保護は、未来の子供たちに“安心”を約束するための私たちの義務です。そして「青い地球を取り戻す再生事業」という壮大なプロジェクトに参加する一員であり続けます。

社是

  • 「夢」に向かって、前進します。
  • 「勇気」を持って、挑戦します。
  • 「感謝」の気持ちを忘れずに、人と自然を大切にします。

弊社の方針

阿賀野商事では、産業廃棄物処理業を営む企業としての立場・責任を強く認識し、地球環境の保全を急務かつ重要な問題として、自社の活動全般において日々、環境保全の改善・向上を目指しています。廃棄物処理や解体工事における収集物の分別処理を適切に行ない、再資源化や減量化を徹底して地球環境に配慮しています。これらの活動及び事業全体における法令遵守を確実に履行しています。弊社に関わる人々の環境意識向上に努力し、従業員においては日常業務での省エネルギー環境推進、車両運搬等におけるCO2削減に務めるよう啓蒙しています。

法令遵守について

廃棄物の処理は法律で厳しく規制されています。当社では法律を遵守した書類作成を行なった上で廃棄物の処理を適正に行なっておりますので安心してお任せ下さい。

廃棄物処理法

廃棄物の種類により一般廃棄物、産業廃棄物、特別管理産業廃棄物に分けられ、それぞれに処理の方法が定められています。事業活動に伴って排出される廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残渣、ゴムくず、金属くず、ガラスくず及び陶磁器くず、鉱さい、がれき類などが産業廃棄物とされています。

産業廃棄物の処理には収集運搬業者、処分業者と処理委託契約が必要です。また排出物の種類ごとにマニフェスト伝票が必要となります廃棄物が最終処分場まで適正に処理されたか記録が残るもので、当社では責任を持って契約書やマニフェストを管理致します。

建設リサイクル法

建築物の解体等にあたっては分別解体等及び再資源化等が義務づけられています。(平成14年5月30日より)床面積の合計が80m2以上または請負金額が500万円以上の場合、コンクリート、アスファルト、木材などを基準に従って工事現場で分別(分別解体等)し、再資源化等することが義務付けられます。

また発注者(建築主)は工事着手の7日前までに諸官庁への届出書の提出が必要となります。届出や書類作成は委任を頂き当社で行います。そしてリサイクル法による処分が結果としてコスト低減につながります。

チャレンジ25キャンペーンへの参加

一人ひとりの力を結集してCO2削減-地球温暖化防止に貢献できるよう、チャレンジ25キャンペーンの具体的アクションを元に行動してまいります。

  • 事務所の空調設備は、冷房時は28°暖房時は20°に設定します。
  • 社有車、作業車運転はエコドライブを心がけます。(急発進しない、積み過ぎに注意する)
  • 社内のPCは省電力モードを調整し、消費電力を抑えます。
  • 関連先企業に弊社の地球温暖化防止についての取り組みを紹介します。
  • 世界的に深刻化しているこの問題に、企業として、一人ひとりの人間としてできることを話し合い実践してまいりたいと思います。

チャレンジ25キャンペーンとは

地球温暖化解決のために2005年に発行した京都議定書における日本の目標は、温室効果ガス排出量6%削減です。これを実現するためのプロジェクトがチーム・マイナス6%でした。このような中、2009年9月、鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、我が国の目標として、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを表明されました。温暖化防止のための国民的運動が「チャレンジ25キャンペーン」として2010年1月14日より、新たに展開されました。

会社概要

会社名株式会社阿賀野商事
代表取締役吉田薫
本社神奈川県平塚市西真土3-21-21
電話0463-55-4776
FAX0463-55-4750
設立昭和49年4月19日
資本金1,000万円
社員数28名
取引銀行横浜銀行平塚支店、スルガ銀行平塚支店、三井住友銀行平塚支店
事業概要産業廃棄物処理、建物・機械設備解体工事、土木工事、汚染土壌改良、資源リサイクル、フロン回収処理、清掃事業、引越整理、人材派遣業務
加盟団体神奈川県産業廃棄物協会、平塚市資源回収協同組合


株式会社阿賀野商事 本社